Backyard Builder badge
Update 2011/09/19
 
 
No.5:USSS Suburban
 
 

Suburban
USSS Suburban
 
   
 

 オバマ大統領来日時に組まれた車列の中で、一際目立つサバーバンの姿に興味を持った方も多いはず。屋根上に特異なアンテナを立てたその出で立ちは、模型で再現するのに十分魅力的な題材である。
 実際の車両は、GMT800をベースとしたChevrolet Suburbanなのだが、ここは更新車両をイメージしてGMT900に現行のアンテナ類を移植したという設定で作ってみた。

Suburban

 種車はLuxury Collectiblesから発売されたChevrolet Suburban(2009)Black(1/43)。このメーカーからは、他にもPresidential LimousineとArmored Suburbanがラインアップされているので、車列の再現も容易である。

Suburban
Suburban
Suburban
Suburban
ECM vehicle

 Secret Serviceが使用しているECM(Electronic Counter Measures)車。屋根上にあるのは2個のドーム型センサーと2本のアンテナで、遠隔爆弾の起爆や対戦車誘導ミサイルの探知とジャミングを行うと言われている。
 比較的シンプルな外観ではあるが、その存在意義は大きいはずだ。アンテナの種類も、警戒レベルによりさらに長いものを追加することもあり、バリエーションを楽しむことができる。

Suburban
Suburban
Suburban
Suburban
WHCA vehicle

 国防総省、内部部局である国防情報システム局のWHCA(White House Communications Agency)が使用している車で、「ロードランナー」のコードネームを持つ。大統領の移動中、車列の通信システムを管理すると言われている。
 ドーム型の衛星アンテナと連立するVHFアンテナが屋根上のプレートに配置され、見た目が賑やかで楽しい。フロントのグリルガードもこの車のいいアクセントになっている。荷室の窓ガラスには小窓が設けられ、外部と接続するコードが引き出せるようだ。

ルーフレール フラッシュライト
Suburban アンテナ
グリルガード
アンテナ
パーツクローズアップ

●上段左:製品のルーフレールは、なぜか実車よりも1スパン短いため、台座とレールを新規作成。屋根に開けられていた取付穴は、パテで塞いである。
●上段右:フロントグリルに取り付けるLEDフラッシュライトは、透明のレジンで複製。裏からシルバー、表は状況によりクリアレッドまたはクリアブルーを塗装。
●中段左:右が製品のまま。グリルとヘッドライト周りにブラックを入れるだけで、精悍さが増す。それにしても、バンパーにメーカー名のプリントはいかがなものか。
●中段右:ECM車のパーツ各種。ドームはエポキシパテからの削り出しをレジンで複製。アンテナはプラスティック棒からの削り出し。先端は針金を接着。
●下段左:WHCA車のグリルガード。針金とプラ板の複合素材を組み合わせて作成。
●下段右:WHCA車の屋根上パーツ各種。天板はプラ板で作成。「アドラーズネスト」社の六角ボルト(対辺0.5mm)パーツを奢ってみた。出来栄えはご覧の通り。

 
 
 
No.5
 
 
MENU -01- -02- -03- -04- -05- -06-